windws 10

Windows 10はログインに生体認証を利用した「Windows Hello」、ウイルス対策として標準装備されている「Windows Defender」、アプリケーションの安全性を示す「Device Guard」などの注目のセキュリティ機能が装備されています。

特に「Windows Hello」はWindowsにログインする際に面倒なパスワード入力ではなく、顔認証や指紋認証などを使いログインする新機能です。生体認証によるログインなのでパスワードよりも安全性が高いといえるでしょう。

他にも「Windows Defender」や「Windows ファイアウォール」を使えば、ある程度のセキュリティ対策を無料で行うことができます。
では、これらのWindows 10に搭載されているセキュリティ機能について、もう少し詳しく見てみましょう。

生体認証でパソコンを守る「Windows Hello」

パソコン起動時のパスワードを設定していないユーザーは実は多いのではないでしょうか。けれど、パソコンには個人情報が満載です。家族や友人に自由に覗かれたり、ノートパソコンを紛失時に他人に勝手に使われたりしないように、起動時の認証はきちんと行いたいものです。

ただ、いちいちパスワードを入力するのは面倒なものです。また、パスワードを知られてしまうとセキュリティは破られてしまいます。

その点、「Windows Hello」は顔や目の虹彩を利用した認証と指紋認証を組み合わせるので、非常に高いセキュリティを確保できます。顔認証はWebカメラを見るだけ、指紋認証は専用の機器に指を置くだけなので、使い方も簡単です。

ただし、当然のことながら「Windows Hello」を使うためには、Webカメラや指紋認証用の機器が必要になります。

指紋認証についてはPINコードで代用できるので、個人ユーザーの場合は顔認証とPINコードの組み合わせが一般的かもしれません。

その場合は残念ながらパスワードを利用しない手軽さは失われてしまいますね。できれば指紋認証も合わせて使いたいものです。

ウイルス、スパイウェアを検出する「Windows Defender」

ログイン時のセキュリティが高くても、ウイルスやスパイウェアが侵入する機会は残念ながらたくさんあります。そのため、ウイルス対策機能は必須といえます。

「Windows Defender」はWindows 8から標準搭載されている機能で、ウイルスやスパイウェアの定期スキャンや手動スキャンを行うことができます。

Windows7にも同名の機能がありますが、こちらはスパイウェアのみ対応。Windows 8からはウイルス、マルウェアにも対応できるように機能アップしました。

では、「Windows Defender」があれば有料のウイルス対策ソフトはいらないのでしょうか?
答えは「ノー」です。その大きな理由は次の3点です。

  1. 新種のウイルスへの対応スピードが違う
  2. 有料ソフトは機能が豊富(個人情報保護、Web安全性評価、迷惑メール防止など)
  3. サポートが充実

特に1.については、有料ウイルス対策ソフトのほとんどでは「未知のウイルス」に対する防御機能を充実させています。

一方「Windows Defender」は、新しいウイルスが発見されると定義ファイルを更新する、という流れなので、新種のウイルスに対する防御は遅れ遅れになります。

その他の2点を考慮しても、「Windows Defender」は何らかの理由で有料対策ソフトが使えないときの緊急対策用と考えておいた方がよいでしょう。

信頼したアプリのみ実行できる「Device Guard」

「Device Guard」はアプリケーションの安全性を高めるための機能です。たとえば「マイクロソフトの署名がついているアプリを許可」というように登録することで、署名つきのアプリのみ実行できるようになります。

この機能により不正なマルウェアの実行を防ぐことができ、特にゼロデイ攻撃(発見されてすぐの新種ウイルスによる攻撃)に効果が高いといわれています。

ただし、この機能は Enterpriseエディションと Educationエディションのみに搭載されていて、どちらかというと企業向けの機能といえます。個人向けにはWindows 8から搭載されている「Windows SmartScreen」が、信頼していないアプリの実行を防ぐ機能ですが、マルウェア以外もブロックしてしまうことが多く、残念ながら高機能とはいえないようです。

やはり、ウイルスやマルウェアからパソコンを守るためには、有料のウイルス対策ソフトをきちんと設定することをおすすめします。