smartphone-tablet_01

スマホ、タブレットやiPhone、iPadなどは、パソコンと同じようにインターネットに接続する環境で、しかも友人・知人の個人情報も詰まっています。またGPSやインカメラを悪用すればストーキングや盗撮などもできてしまいます。

ウイルスやマルウェアに感染する危険性はパソコンと同じかそれ以上。そして感染したときの被害はパソコンよりも甚大になる恐れがあります。

それなのにパソコンのセキュリティ意識は高くなっているのに比べ、モバイル端末はまだまだ無防備なのが現状です。

「スマホ、タブレット、iPhone、iPad」というよりは、「」セキュリティ対策は必要なのです。
ここでは少し詳しく、モバイル端末のセキュリティ対策について見ていきましょう。

モバイル端末で取るべき5つのセキュリティ対策

モバイル端末でも、ウイルスの侵入を防ぐための最も心強い味方はセキュリティアプリです。

セキュリティアプリに関しては、キャリアが提供するサービスを利用するのと、有料ウイルス対策ソフトを導入するのと、どちらが良いのでしょう。また、アプリ以外にどんなセキュリティ対策があるのでしょう。

ここでは、5つのポイントを確認してみましょう。

1.キャリアが提供する「セキュリティパック」 VS 有料ウイルス対策ソフト

ドコモ、au、ソフトバンクなどの各キャリアでは、月額利用料金を払えば、ウイルススキャンや危険サイト対策などのセキュリティパックをつけることができます。

これらのパックの中身は、実はマカフィーやウイルスバスターなどの有料ウイルス対策ソフトです。

料金的には自分でソフトを購入したときとあまり変わらない価格に設定されていますが、キャリアを通じた方が若干高くなる傾向があります。また、機能面でも盗難・紛失対策やデータのバックアップなど一部の機能が使えなかったりするので、多少面倒でも製品を購入して自分でインストールした方がお得です。

2.Android OS、iOS やアプリを最新状態にする

スマホやiPhoneで新たなセキュリティホールが見つかると、セキュリティアップデートが公開されます。このような通知が来たらすみやかにアップデートを実施しましょう。

また、アプリのアップデートも不具合の解消やセキュリティホールへの対策が含まれている場合があるので、必ず実行するようにしましょう。

アップデートには時間がかかる場合があるので、バッテリーの容量が十分あることを確認してから行うようにしましょう。

3.端末の盗難・紛失対策

盗難・紛失対策のために「パスワードロック」機能を設定しておきましょう。また、複雑なパスワードを設定できる場合は、破られにくいパスワードを設定することも大切です。

ウイルス対策ソフトの中には、盗難・紛失時に端末をロックし、GPSを利用した追跡を行ったり、アドレス帳のデータを消去する機能がついているものもあるので、こうした機能は積極的に使用しましょう。

4.不審なアプリを導入しない

アプリは「Google Play」や「App Store」などの公式マーケットから入手し「提供元不明」のアプリはインストールしないようにしましょう。特に怪しげな海外アプリや海賊版は決して使用しないようにします。

アプリによってはGPS機能やネットワーク接続、インカメラ、アドレス帳などの利用許可を求めてくるものがありますが、このような許可は特に慎重に行ってください。便利そうに見せかけて実際にはマルウェアだったというケースもあるので、アプリの信頼性は充分に調べるようにしましょう。

5.LINE、Twitter、Facebook などのSNS対策を行う

LINEやTwitter、Facebook などで最も怖いのが、アカウントの乗っ取り。

自分名義で友人に連絡が行き詐欺サイトに誘導してしまった、などということがないように、「パスワードを定期的に変える」「モバイル端末のPINコードを設定しておく」「LINEなどを他の端末から使えないように設定しておく」などの対策をとっておきましょう。

また、SNS対策機能のついたウイルス対策ソフトを導入することも効果的です。