free-vs-share_01

ウイルス対策にはあまりお金をかけたくない、という人もいると思います。無料ウイルス対策ソフトはたくさんあり、その中には性能の良いものもいくつか存在します。

ここでは「ウイルス対策は無料ソフトで十分じゃない?」とか「有料版と無料版では何が違うの?」といった素朴な疑問に答えながら、無料ウイルス対策ソフトについて徹底分析してみたいと思います。

無料ウイルス対策ソフトが無料な理由(ワケ)は何?

そもそも信頼できる性能を持つ優秀なウイルス対策ソフトを、なぜ無料で配布できるのか、について考えてみましょう。無料ソフトには大まかに分けて次の2つのタイプがあります。

  1. 有料版ウイルス対策ソフトの一部の機能を制限して、無料版として配布しているタイプ。
  2. 広告収入で成り立っているタイプ。実行時に広告がポップアップで表示されます。

1.のタイプは無料版を使ってもらって、気に入ったら有料版に切り替えてください、というもの。また、無料版で知名度が上がれば有料版を使うユーザーが増える、というねらいもあります。
2.のタイプはハッキリ言って広告のポップアップがかなり鬱陶しいです。

どちらのタイプでも無料版はウイルス検出・駆除の基本機能しか提供されていないか、Webサイト・迷惑メール対策がほんのおまけ程度についているか、ということが多いです。また、中には追加機能を実行しようとすると、オプションとして料金を請求するものもあるので注意が必要です。

無料版 VS 有料版。ウイルス検出力、駆除力で比較してみる

口コミサイトなどで「長年、無料ソフトの○○○を使い続けていて、一度もウイルスに感染したことがありません」という意見を読むことがあります。ところがこのようなPCを別の有料版ウイルス対策ソフトでスキャンすると、何十というトロイの木馬や不正な実行ファイルが検出されることがあります。

ウイルスは日々、新しいパターンや亜種が誕生しています。これを防御するために各社は日々、情報収集や研究を重ね、定義ファイルを更新し、アップデートを繰り返しているわけです。

こうした研究には当然、莫大な費用がかかるわけですから、無料版と有料版では新種のウイルスに対応するスピードが異なるのは当然といえるでしょう。

ウイルス検出力では世界的に著名なソフトであっても、その検出力は実際には有料版のデータであって、「無料版はスキャンエンジンが違うのではないか」などと言われることさえあります。お使いのPCがウイルスに感染していないかを手軽に確かめるためには、次の無料オンラインスキャンツールを試してみることも効果的です。

トレンドマイクロ オンラインスキャン

ウイルス検出のみ行うツール。見つかったウイルスを駆除するためには、ウイルス対策ソフトのインストールが必要となります。

McAfee Security Scan Plus

常駐型のウイルススキャンツールで、ファイアウォール機能も搭載していますが、やはりウイルスは検出のみで駆除するためには別途、ウイルス対策ソフトのインストールが必要となります。

無料ウイルス対策ソフトの機能面を比較してみる

無料版はウイルススキャン、駆除機能が中心となります。Webサイトの安全性評価や迷惑メール検出ができる場合もありますが、有料版に比べるとかなり機能が限定されることが多いです。
次に、簡単にそれぞれの機能を紹介しましょう。

AVGアンチウイルス(無料版)

ウイルス検索・駆除、有害サイトの閲覧防止、メール保護など、比較的充実した機能を搭載しています。
ただし、ドライブ・バイ・ダウンロード対策(有害なソフトのダウンロードを防ぐ)、迷惑メール防止、ファイアウォール機能などは有料版でのみ提供しています。また、ウイルスの検出力は他のソフトと比べて、若干落ちるという検査結果もあります。

Aviera Free Antivirus

無料版ではPCのスキャンとリアルタイム検索のみ提供しています。
スキャン対象を選択して(Cドライブのみ、システムファイルのみなど)自動スケジュールを作成する機能もあり、ウイルス検出・駆除ツールとしての使い勝手は良いでしょう。検出力の評判も良いソフトです。

Avast! Free Antivirus

ウイルス検索・駆除、ブラウザの拡張機能のクリーンアップ、パスワード管理などの機能が使用できます。
パフォーマンス診断で問題が発見された場合に「コンピュータを最適化」などのボタンを押すと、最適化ツールの購入画面に飛ばされます。
どこまで無料で使えるのかわかりにくいのが難点です。検出力では比較的、評判の良いソフトです。

BitDefender Antivirus Free Edition

無料版ではウイルス検出・駆除機能のみ提供しています。

検出力では定評のあるBitDefenderですが、無料版でできることは「リアルタイム検索のオン/オフ」「自動スキャンのオン/オフ」のみ。スキャンで発見されたマルウェアは問答無用で削除してしまうので「細かいことは考えず、すべてソフトにお任せしたい」という人以外には無料版はおすすめできません。

結論

結論をいうと、無料版でできるセキュリティ対策にはやはり限界があり、さまざまな脅威からPCを守るためには総合的な対策ソフトの導入が欠かせないといえます。

また、有料版を使うことの最大のメリットは、困ったときに適切なサポートが受けられる点です。無料ソフトは何かあったときも、あくまで自己責任で対処しなければなりません。

無料ウイルス対策ソフトからそのまま有料版に切り替えることも可能ですが、使い勝手がよくなかったり、年間費用が高い傾向がありますので、初めから有料ウイルス対策ソフトを比較検討して、自分の使い勝手の良いソフトを選定する方が近道だといえるでしょう。