clean-virus_01

パソコンがウイルスに感染したときの症状は、ウイルスの種類や目的で異なります。

ウイルスには、意味のない文字や画像を表示するジョークプログラムや、金銭を要求する脅迫目的のもの、システムやデータを破壊する悪質なものなどがあり、このような場合は明らかにおかしな振る舞いをします。

一方、情報を集める目的のスパイウェアの場合は、気づかれないように隠密に活動を続けます。また、Webサーバーへの攻撃の踏み台にするウイルスの場合も、ユーザーに気づかれないように活動します。

ですが、ウイルスが活動を続けている限り、その徴候は現れます。

ここでは、感染が疑われるパソコンの状態を知り、正しい対処方法を確認していきましょう。

ウイルス感染の疑いが強い症状

次のような症状が現れた場合、ウイルス感染の疑いが強いです。すぐにネットワークから切断し、ウイルスチェックを行いましょう。

  • 勝手にOSやアプリケーションが再起動を繰り返す
  • おかしなメッセージや画像が表示されたり、ランダムな音が再生される
  • プログラムが勝手に起動される
  • 画面の表示が乱れたり歪んだりする
  • ファイルやフォルダが削除されたり変更されたりする
  • ウイルス対策ソフトが使えなくなる
  • ブラウザが見知らぬページを表示する
  • マウスをクリックしていないのにクリック音がする
  • 送信していないはずのメールが知り合いに届く
  • 頻繁にシステムがフリーズしたり、エラーメッセージが表示される

ウイルス感染の可能性が疑われる症状

次の症状が現れたときは、ウイルス感染の場合もありますが、ハードウェアの故障や不具合、他のソフトウェアの干渉の場合もあります。まずはウイルスチェックを行い、感染しているかどうかを確かめましょう。

  • パソコンの動作が重く感じられたり、フリーズしやすくなる
  • アプリケーションが起動しない
  • インターネットの通信速度が遅くなる(Webブラウジングが重くなる)
  • 通信していないのにネットワーク接続機器のランプが点滅する
  • タスクマネージャーのCPU使用率が勝手に上下する

感染が疑わしい時の正しい対処方法は?

上記のような症状が現れたときは、次の手順で確認し、正しく処理しましょう。

1.感染を広げないために、ネットワークから切断しましょう

<切断方法>
コントロールパネル → ネットワークとインターネット → ネットワーク共有センター → アダプタの設定の変更 → 表示された「Ethernet0」や「ワイヤレスネットワーク接続」のアイコンを右クリック → 「無効にする」を選択します。

※有線接続の場合はケーブルを抜けば切断されます
※OSが通常起動しない場合はセーフモードで起動します。

2.ウイルス対策ソフトの定義ファイルが最新状態であることを確かめます

最新でない場合、あるいはウイルス対策ソフトがインストールされていない場合は、他のパソコンを使って最新の定義ファイルや、ウイルス対策ソフトの体験版などを入手しましょう。

感染したパソコンをインターネットに接続すると、パソコン内の個人情報が盗み取られるなど被害が拡がる可能性があるので、安全が確かめられるまで接続しないようにしましょう。

3.システムの完全スキャンを行います

ウイルスが検出された場合は「駆除」または「削除」を行います。

検出されたウイルスの名前をウイルス対策ソフトのメーカーのホームページで調べ、適切な対応を取りましょう。削除できないウイルスの場合は、メーカーのホームページ上で専用のユーティリティが配布されている場合があります。もちろん、調べるときは安全なパソコンを使ってください。

すべてのウイルスの駆除、削除に成功した場合は、パソコンは安全な状態なので今まで通り使用できます。どうしても駆除、削除ができない場合は、メーカーのサポートに問合せて対処方法を相談してください。